デンタル掲示板−個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みには、を表示します。

■ RE:この痛みは・・ ときた歯科クリニック MAIL http://www.my-doctor.tv/dr/tokita/index.html [Windows/98] 02/11(水) 22:22 【No.601】 返信
ご心配になられるお気持ちよく分かります.

神経を取り除いた次回の診療で再び内部を処置することは根管治療では当たり前のこととなっております.内部に潜んでいるかも知れない汚れや細菌を完全に取り除くために必要なことだからです.根の先端部(=根尖と言います)とその周りの組織(=歯周組織といいます)との境界スレスレの部分で神経を切り取りますので,歯の内部の神経を取り除いてあっても歯周組織の神経はピンピンしているため,再治療のときに痛みを伴うことも少なくありません.処置後に不快症状がでることも多いです.「おーる6」さんの症状は異常ではありませんのでご心配には及ばないと思います.さらに付け加えるなら,これらの症状は根尖スレスレの部分での処置をしているから,すなわちきっちり治療をしてくれているからこその痛みと理解して下さい.(痛みが出ないように途中までしか治療をしない歯医者が多い中,非常に誠意のある歯医者だと思います)次回の診察時に先生にお話をしてみてはいかがでしょうか?多分納得いく説明が得られると思います.また鎮痛剤なども処方してくれるでしょう.

一方,ラバーダムの件ですが,これをする目的は根管治療の最中に唾液など(=細菌類)が歯の内部に入り込まないようにするために用います.歯の内部を完全に無菌状態にすることを目的とする根管治療において,唾液が内部に入り込むということは,根管治療が失敗に終わる可能性が高くなることを意味します.
とすると「絶対にラバーダムをしなければいけないのか?」ということになりますが,歯医者さんによってやり方,考え方,ポリシーが違いますから「絶対」とは言い切れません.「ときた歯科」から申し上げられることは,ラバーダムを使用した方が「ベター」であるということだけは間違いないと思います.(敢えて「ベスト」だと言わない理由がお知りになりたければ直メールをお送り下さい.お答え致します.)

【前のページへもどる】

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


mbbs.cgi v2.02 by suzukyu 2000.12 (改:mbbs.cgi 2.31a created by ツー 2003.06)