デンタル掲示板−個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みには、を表示します。

■ 縦破折について質問 しん [Windows/XP] 07/15(金) 02:05 【No.2068】 返信
 
歯根が縦に折れた場合、レントゲンで折れているのは確認できるのでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/10(水) 20:15 【No.2079】
レントゲン上に破折線が確認できるのは、初期においては、うまく破折の方向とレントゲン線の入射角が合わないと難しいのではないでしょうか?
また初期といっても、目視不可能〜わずかに可能なマイクロクラックなどはまず写らないと思います。

こんな回答でよろしいですか?

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/13(土) 03:01 【No.2080】
通りすがりの素人陶芸家さん、ご回答ありがとうございました。現代の歯科技術では、さし歯やブリッジにした歯が縦破折しているかいないかは、被せ物をはずしてみないとわからないということでしょうか?それとマイクロクラックってどんな検査なのでしょうか?

■ しんさんへ 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/13(土) 12:20 【No.2081】
>縦破折しているかいないかは・・・

破折している部分が大きく離れていれば、もちろんレントゲンに写りますし視診時にも違和感を覚える事もあります。被せ物の横からタケノコのようにニョキッと歯の欠片が顔を覗かせている事もあります。

逆にクラウン(被せ物の一種)を外しても判らずに、治療開始後に僅かずつ広がってくるケースもありました。


>マイクロクラックってどんな検査

マイクロクラックというのは、小さな亀裂とお考え頂ければ良いのではないでしょうか?
検査ではありません。


こちらから質問です。

なぜ縦破折が気になるのですか?

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/14(日) 03:18 【No.2082】
ご丁寧な、ご回答ありがとうございました。なぜ縦破折が気になるかというと、朝起きると血が枕カバーについていました。その原因はクラウンをした歯のあたりからの出血でした。歯茎が悪いから出血しているのだと思い、歯科医にすぐにはいきませんでした。放っている間にクラウンがとれ歯科医に行くと折れていて抜歯になってしまいました。現在、違うクラウンをした歯が疲労した時など、舌で押すと押し戻される感じやしびれを感じ、歯ブラシを当てると歯茎が痛いのです。枕に血がつくほど出血はしていませんが、歯を磨くと血は出ます。歯科の先生は、その辺りは大丈夫だそうで治療しなくていいと言われました。しかしレントゲンで小さな亀裂だと映らないと聞くと、いつまたクラウンが外れ、折れて抜歯することになるかと思うと不安なのです。抜歯してしまったら場所によっては、ブリッジすらできず義歯になるのが非常に心配なのです。

■ 御不安の原因、判りました 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/14(日) 12:36 【No.2083】
お話から推察しますと、抜歯に至ったクラウンの下の歯はもしかしたら虫歯で割れてしまったのではないでしょうか?
間違っていたら申し訳ありません。

なぜ虫歯を疑ったかというと、歯ブラシによる出血があると言うことは相応にプラークや歯石の付着が疑われるからです。
プラークというと歯周病の原因になるとともに(いろいろな種類の細菌が入っていますので)虫歯の原因にも成り得るものなのです。

定期的に歯石除去(スケーリング)を受けていらっしゃいますか?
もし受けていらっしゃらなければおやりになった方が良いと思いますよ。

ちょっと縦破折と話がずれてしまった感はありますが、経験上の直感的で申し訳ないのですが、意外にクラウンの下を虫歯にしてしまう患者様が多いので、そのようなケースなのかなと感じましたもので、、、

しんさんの御不安解消の一助になりましたでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/15(月) 03:18 【No.2086】
返信、ありがとうございました。主治医には、何か硬いものを噛んだので折れたのではないかと言われました。実際に縦破折した歯を抜歯した時、見ました。私の素人目では虫歯ができているようには見えませんでした。しかし、通りすがりの素人陶芸家さんの意見を聞いて、確かに歯ブラシで磨いてもクラウンの歯に隙間があり、食べかすがとれていなかったように思われます。今後、縦破折しない為の予防法を教えてくださってありがとうございました。少しは不安解消しました。定期的に歯石除去受けたいと思います。歯石除去は、年に何回ぐらい受ければいいのでしょうか?それと隙間がないクラウンを作ってもらうのは不可能なのでしょうか?

■ しんさんへ 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/16(火) 09:09 【No.2087】
そうですか、実際に拝見している訳ではないので、少々見立てが違ったかもしれませんね。ネットでのご相談の辛い所です。

しかし、定期的に歯石を除去する事はとても良い事だと思います。
通常、私は半年に一回を基準に患者さんのお口の中を拝見して、それより長くしたり短くしたりしています。
ですので、かかりつけの先生の所に伺った時にご相談頂くのがベストかと思います。

隙間のないクラウンについてですが、技術的には可能です。
しかし、食物残査は詰まらないものの、細菌はしっかり繁殖してしまう上に隙間がない為に、それを取り去る手段がなくなってしまうので、うちではお勧めはしていません。

たまに、それでもいいから隙間のないクラウンが良いと仰る患者さんには作ってしまいますが、、、

あとは、細菌を歯と歯の間や歯と歯茎の境目に溜めないようにフロス(糸楊枝)や歯間ブラシをお使い頂くとともに、歯ブラシが終わったあと、もう一回歯茎をマッサージするつもりで軽くブラッシングをしてみて下さい。かなりのプラークが除去できるはずですよ。

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/17(水) 03:18 【No.2090】
たいへん詳細なご説明、本当にありがとうございます。以前、読んだ書籍に、クラウンやブリッジは歯茎との間に隙間がないほうがいいと書いていましたので、隙間が気になっておりました。通りすがりの素人陶芸家さんのご説明で、隙間があるのにも意味があることがわかり納得できました。また不安が解消されました。なかなかここまで実際に治療されるドクターは、治療で時間もせいいっぱいなのか、はっきりお答えいただけないことが多々ある中、通りすがりの素人陶芸家さんに詳しい説明をしていただけ、感謝の気持ちでいっぱいです。以前、クラウンに隙間があるのではずして交換したほうがいいと歯科医に言われたのですが、その隙間とはまた別物なのでしょうか?クラウンに欠損があると私はその時、理解したのですが...。こんな質問をしてもネット上なので、実際に通りすがりの素人陶芸家さんに見ていただいていませんので、お答えのしようがないとは存じますが...。通りすがりの素人陶芸家さんが、レントゲンを撮り、クラウンを交換しようと思われるときの、患者さんの歯の状態はどんな例があるのか教えていただければ幸いです。

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/17(水) 08:27 【No.2091】
治療内容については色々な成書(いわゆる教科書)があり、色々な見解があると思われますので、”私ならこのように説明します”と言う事でご承知下さい。
そして以下に列挙するのは、うちで診療をする場合の基準であって、他の歯医者さんでは基準が違うDrもいらっしゃると思います。

まず、視診で直した方が良いと思うのは、
1、明らかに虫歯がある場合
2、穴があく、折れるなどの破損が生じている場合
3、レントゲンを撮るまでもなく歯根が歯折している場合
4、その他

次にレントゲンを拝見して直した方が良いと思う場合
1、虫歯が確認される場合
2、その他

そして、レントゲンを拝見した上で患者様のご意向を伺う場合
1、根の先などに透過像(黒い影)がある場合
   治療に期間が掛かる可能性がある
2、破折
   抜歯・破折片除去or使える範囲で使ってゆくか(リスクも説明:一定数以上の菌の存在による危険性)
3、虫歯を除去する事によって抜歯の危険性がある場合
4、その他

※「その他」についてはケースバイケースと言う事でご承知下さい。

ただし、うちでは私が「クラウン等を交換しよう」と言うことはありません。
上記のような問題がある場合には、説明をさせて頂いた上で、患者様から治療したい旨ご希望があれば治療すると言うスタンスです。

患者様にも色々と御都合もあると思われますので、、、

また、しんさんのクラウンに隙間があった話ですが、やはり拝見していませんので何ともお答えしにくいですね。もしかしたら、一番目の1か2あたりだったのでしょうか?
すみません、わかりません。

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/18(木) 02:26 【No.2094】
治療される場合の例を教えていただきありがとうございました。前回の通りすがりの素人陶芸家さんの返信(No.2087)の「隙間のないクラウンについてですが、技術的には可能です。しかし、食物残査は詰まらないものの、細菌はしっかり繁殖してしまう上に隙間がない為に、それを取り去る手段がなくなってしまうので、うちではお勧めはしていません。」(通りすがりの素人陶芸家さんのご意見抜粋)を拝見し、「食物残査が詰まらなければ、細菌は繁殖しないのではないか?」とふと思ったのですが、違うのでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/18(木) 09:03 【No.2095】
では、ちょっと意地悪な質問ですが、お口の中(唾液中など)の常在細菌については、どのように説明されますか?
お口の中が食物残渣で満たされてはいませんよね?

細菌にとっての栄養源は固形物とは限らないのですよ。


しかし、重ね重ね申しますがこれは私のスタンダードであって、他の歯医者さんにとって必ずしもスタンダードであるとは限りません。
もちろん自分では(今現在は)これが正しいと信じてやっておりますが。

しんさんが現在かかられているDrやこれからお世話になるであろうDrが、必ずしも私と同じ意見であるとは限りませんが、今後何か問題が起きた時には、しんさんにとってのマイドクターと良く話をされ、お互いに合意の上で診療を進めるのが良いと思いますよ。

日々の診療の中で、歯科に対する知識の豊富な患者さんがいらっしゃることがありますが、「こうすればもっと良いのに」などと思いながら、患者さんの仰る通りに治療する事が最近徐々に増えてきています。

このようなコミュニケーションの形ではなく、歯医者さんと患者さんがじかに話が出来るようになると良いのですけれどね、本当は。

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/19(金) 03:40 【No.2097】
通りすがりの素人陶芸家さんからのご返信、拝見致しました。No.2094で私が「食物残査が詰まらなければ、細菌は繁殖しないのではないか?」と書いたのは言葉足らずで、誤解されてしまったようです。もちろん唾液に常在細菌があるというのは重々承知致しております。No.2087の通りすがりの素人陶芸家さんの「食物残渣は詰まらないものの、細菌はしっかり繁殖してしまう」というご説明は、クラウンに隙間がなくて食物残渣が詰まらなくても、唾液中の常在細菌は入り込んでしまうし、クラウンの歯の中にも細菌は常在すると理解すればよいのでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/20(土) 13:15 【No.2098】
すいません、何が誤解かよく分りませんが、ご質問が続くようなのでお答えをさせて頂こうかと思います。
あまり細部になると、研究者ではなく一介の町歯医者ではお答えに詰まる部分もあると思いますが、ご理解下さい。

>>クラウンに隙間がなくて食物残渣が詰まらなくても、唾液中の常在細菌は入り込んでしまうし

???
これは私はいわゆる歯間空隙のお話(歯間空隙のないクラウンを作る事は可能という意味)をしていたつもりなのですが、しんさんのお考えの隙間とはちょっと違う気がしてきたのですが、しんさんの仰る隙間とはどこなんでしょう?
少々、我々の話が噛み合っていないように感じるのですが、、、

歯間空隙のお話ならば答えはイエスだと思いますよ。
歯間空隙はどんなに密接させても、(細菌のサイズを考えれば)細菌にとっては大きな隙間なのではないでしょうか?

>>クラウンの歯の中にも細菌は常在すると理解すればよいのでしょうか

基本的には新しく装着したばかりのクラウンの内部には細菌は存在しないと考えてよろしいのではないでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/21(日) 02:14 【No.2099】
通りすがりの素人陶芸家さんへ
私が通りすがりの素人陶芸家さんに誤解されたと思ったのは、[では、ちょっと意地悪な質問ですが、お口の中(唾液中など)の常在細菌については、どのように説明されますか?お口の中が食物残渣で満たされてはいませんよね?細菌にとっての栄養源は固形物とは限らないのですよ。]と指摘されたので、通りすがりの素人陶芸家さんが、私が常在細菌について知らないのではないかと思われたことを否定したかっただけです。(常在細菌があることは知っていましたので)

歯間空隙とは、具体的にどこの隙間のことなのでしょうか?

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%AD%AF%E9%96%93%E9%BC%93%E5%BD%A2%E7%A9%BA%E9%9A%99&lr= [Windows/XP] 08/21(日) 07:42 【No.2100】
次は歯間空隙ですか、、、
何か、からかわれている様な気分ですが取り敢えずお答えします。

正しくは「歯間鼓形空隙」
呼んで字の如く、鼓の形に似た隣り合う歯と歯の間(便宜上これを左右とすると、下顎で言えば、上は横から見た歯の噛み合わせの面、下は歯茎の上端)

検索エンジン等を使ったりして、ちょっとは自分でも調べましょうね。


まさか「しんさん」はお遊び好きの歯医者じゃないですよね?



、、、で、しんさんのお考えになっていた隙間とはどこなんですか?

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/23(火) 02:44 【No.2101】
歯間空隙についての質問に対してのご回答、拝見致しました。最初、詳しいご回答をいただいていたのに、だんだん通りすがりの素人陶芸家さんのご回答の文章を読むと意地悪な質問をされたりして、真面目に質問しているのにバカにされているように思い、私の返信の文もとげとげしくなっていたのかもしれませんね。からかわれているような気分に通りすがりの素人陶芸家さんをしてしまってすみませんでした。私は歯科医ではありません。ただの患者です。通りすがりの素人陶芸家さんにからかわれているようにとらえられていたとは、ショックです。できれば隣接する歯と歯の間と書いていただければ判ったのですが、素人なもので歯科用語がわからなくて...。歯間空隙とは、削った歯と被せたクラウンの間に空間がある部分なのか?と思ったりしていました。検索エンジンで調べればよかったのですね。即回答していただけるので何でも尋ねて甘えていたかもしれません。私の歯の隙間は、隣接する歯と歯の間ではありません。クラウンを被せた歯と、その下の歯茎との間に隙間があるのです。隙間(主治医が言う隙間はどこか知りませんが)があって、いくら新しいクラウンを被せてもらっても、歯間ブラシの反対側についているピック?で食べかすを取る時、ピックがグサッと縦に刺さるくらい歯と歯茎の間に隙間があるのです。この隙間は空いていても問題ないのでしょうか?この文章を読んでまた気分を害されたのなら申し訳ありません。私の文章を書く能力が劣っているということでお許しください。決してからかってはおりません。なぜ新しいクラウンを被せてもらっても歯と歯茎の間に隙間があるのか真剣に悩んでおりますので、詳しくご回答いただければありがたいです。

■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/23(火) 13:04 【No.2102】
そうですか、からかわれているのでないのならば真面目にお答えしますね。
こちらからお願いなのですが、長文になる時には文節の間に1行スペースを入れて頂けると読み易くなるので助かります。

クラウンを被せた歯と、その下の歯茎との間に隙間ですか?
私の頭の中では、以下のようなケースが原因としては考えられます。

A)ピックが歯の根の先端の方向に向かって入ってしまう場合(歯と歯茎の間)。
@歯周病で歯周ポケットが深くなっている。
Aその他

B)ピックが床と水平に入ってしまう。
@(奥歯の場合)歯周病などで歯茎が退縮して分岐している根の間に入っている。
A銀歯のさらに下(根の先端方向)に虫歯がある?

いずれにしても拝見していないので何とも言い切れませんが、、、

出来れば歯科医院を変えて、当該の歯を見て頂いた方が良いと思いますよ。
やはり、拝見していない歯に対して有資格者として責任を持ってお答えするには限界がありますし、もし見立てを間違えても責任を負いきれませんから。
もし、歯科医院での説明が分らなければ、その旨を伝えて再度説明を受け、要領を得ない回答ならば、治療をせずに他の歯科医院に行かれては如何でしょう。
歯医者さんにも色々な人がいますので、必ず疑問に答えてくれる歯医者さんに巡り合えると思いますよ。

また、ご質問があればお答えします。

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/24(水) 02:01 【No.2103】
通りすがりの素人陶芸家さんへ

たいへん分り易いアドバイスありがとうございました。クラウンを交換してもらったばかりなので、主治医に質問しにくくて躊躇していましたが、思い切って尋ねてみることにします。

「また、ご質問があればお答えします。」とおしゃっていただいたので、甘えついでに質問させていただいてもよろしいでしょうか?

歯根のう胞(かなり大きいのもある)が何箇所かあるのですが、とってもらったほうがいいのでしょうか?現在、激しい痛みはありませんが、重い荷物を持ったり、肩が凝った時など、時々歯の根っこの辺りの歯茎に鈍痛を感じます。痛み止めを飲むほどではないのですが...。その前歯は、差し歯の心棒が強固で、歯茎を切開しないと取れない場所です。

治療が怖いので、そのままにしておくか、とってもらったほうがいいか悩んでいます。


■ RE:縦破折について質問 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/24(水) 13:01 【No.2105】
すいません、文章分り易くして頂いて助かります。

歯根膿胞というと、歯の神経を取る処置が以前にされていると思うのですが、神経を取った歯にはトラブルが何パーセントかの確率で起きてしまいます。

(こう書くと、絶対に神経は取らない方が良いと思われるかもしれませんが、ケースによっては神経を取らないと、より重篤な症状に発展する場合もありますので、歯科医と相談する必要があると思います。)

歯根膿胞をそのままにしておいて良いかと問われれば、良いとは思いませんが、私の場合は再発の可能性も含めて患者さんに説明をして、患者さんから治療の御希望が出た場合に治療を開始します。

(私見ですが)歯根膿胞は治療の意思があるのならば、可能であれば歯医者さんに頑張ってもらって芯になっている物を取って頂いた方が良いのではないかと思います。
理由としては、外科的に取ると根の長さが短くなる事と、(僅かですが)再発する事があるので、私は患者さんに最近お勧めしていません。もちろん芯を取ってやり直しをしても再発の可能性はありますが、、、

もちろん、前述した通り歯医者さんも考え方が色々あるので、良く主治医の先生とお話をされるのが良いと思います。
私は自分ではこれが正しいとする所がありますが、一方で絶対に自分が間違ってはいないとも思っていませんので、しんさんの中の色々な考え方の中の一方向としておいて頂ければ幸いです。

怒りん坊で申し訳ありません。

ご質問があれば引き続きどうぞ。

■ RE:縦破折について質問 しん [Windows/XP] 08/25(木) 01:27 【No.2106】
通りすがりの素人陶芸家さんへ

歯根のう胞についてのアドバイスありがとうございました。非常に参考になりました。

通りすがりの素人陶芸家さんのアドバイスを元に様々な歯の症状の悩みを解決していこうと思います。たいへん長い期間、私の質問にお答えしていただき、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

■ しんさんへ 通りすがりの素人陶芸家 [Windows/XP] 08/25(木) 16:25 【No.2107】
以前から、このような形式の質問コーナーに、実際にお口の中を拝見もせずに書き込むのはどうかと思っていましたが、ついお節介と思いつつ書き込みをさせて頂きました。


このようなコーナーが賑わいを見せるというのは、我々歯科医師の説明不足とコミュニケーション不足が災いしての事と思い、日々の診療に邁進しようと思います。

しんさんの真面目なご質問に、途中で懐疑的になってしまったことを最後にお詫びいたします。

いまだ、私自身が人間的に成長しきれていないなと感じた次第です。


ご指名があれば、また参加させて頂きたいと思いますが、やはりこのような形式は私には向かないかなと感じました。

では、お大事にして下さい。

【前のページへもどる】

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


mbbs.cgi v2.02 by suzukyu 2000.12 (改:mbbs.cgi 2.31a created by ツー 2003.06)