デンタル掲示板−個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みには、を表示します。

■ この痛みは・・ おーる6 [Windows/98] 01/30(金) 21:09 【No.563】 返信
 
3ヶ月ほど前に右下6番の歯を治療してもらいました。治療後2ヶ月間は好調だったのですが、1ヶ月前から、うまく説明できないのですが「歯の中が膨張する」様な、「歯を中の方から押される」様な、鈍い痛みが起きる様になりました。
痛み出して1週間位はその6番の歯だけだったのですが、ここ2週間は右下6,7、右上6,7辺りまでもが同時に痛む様になりました。
現在、痛みは1日に4〜5回で1回痛み出すと約30分続きます。痛み出した当初よりも1日に痛む回数が多くなっています。ちなみに熱いものも冷たいものも「しみる=瞬間的な痛みが走る」ということはありません。
痛み出した当初、通っている歯科医に相談したところ「虫歯が深かった為、神経の近くまで削って詰め物をした。そのことにより神経が興奮状態にある」との回答でした。「どうしても痛くなったら神経を抜く」といわれたまま3週間が過ぎていますが、このまま放っておけば痛みは消えるものでしょうか?(出来れば神経を抜きたくない)
他の歯も同時に痛む様になったのは何故?
他に考えられる原因はあるのですか?
痛み方が本当に歯科医に正しく伝わっているのか心配で、今後の治療が間違った方向に行ってしまうのでは?の不安があります。
長くなりましたが、宜しくお願いします。

■ RE:この痛みは・・ ときた歯科クリニック MAIL http://www.my-doctor.tv/dr/tokita/index.html [Windows/98] 01/31(土) 00:08 【No.564】
症状とその経過が詳細であること,またその症状が典型的なため診断を下すのに非常に助かります.

結論から言うと,最初に治療してもらった歯の神経は多分,死んでしまっています.神経を抜いてもらう処置(正確には死んでしまっているので感染根管治療といいます)をしてもらえば,現在の症状は全て消えてしまうと思います.(100%間違いでないという保証はありませんが,多分『当たり』だと思います)

理由は,@かなり深い虫歯であったこと,A冷たい物,熱い物でしみないこと,B奥の方からの鈍い痛みであること,などから神経にまで細菌が入り込み1〜2ヶ月かけて神経が死んでしまった,ないし死にかけているのは間違いなかろうかと思います.

神経を取りたくないとのことですが,残念ながら神経を取り除く根管治療を行うべきかと思います.(死んだ,ないし死にかけている神経を後生大事にとっておいてもいいことは何もありません.逆にもっと大変な病気が待ち受けているものです…)

また,他の歯が痛むことを気にされていらっしゃいますが,これは歯痛錯誤(過去ログNo.530で始まる話)というもので,歯の中の神経の痛みに付随して高率に見られる症状の一つです.同時に複数の歯が痛み出すということは非常に稀ですから,原因歯は一つと考えて対処するのが近道だと思って下さい.

「ときた歯科」からの意見は以上ですが,主治医の先生によく診ていただき,十分相談されてから処置に移られることをお勧め致します.

■ 神経を抜いたのですが・・・ おーる6 [Windows/98] 02/11(水) 20:03 【No.598】
返信ありがとうございました。
2月2日に早速神経を抜いてもらったところ、他の歯の痛みもすっかりなくなりました。神経を抜いてからの1週間はとても快適に過ごすことが出来ました。  が、 
神経を抜いてから1週間後の治療に行った際、「細い棒状の物で根っこの中を掃除する」治療?が行われました。約30分の治療の間、2・3回瞬間的な激痛があり、最後は継続的な歯の痛みとなってしまい治療は打ち切られました。(この時の継続的な痛みは、神経を抜く前に悩まされていた痛みに酷似していました)
その治療の後、日中何もしないのに歯が痛み出すという悩ましい事態が発生しております。痛み自体は我慢できない程ではありません。根っこの先端を触られているような、根っこの先端が脈打つような、非常に狭い範囲におこる痛みです。
神経を抜いたはずなのにこんな痛みは起こるものでしょうか?この後も根っこの掃除には激痛を伴うものでしょうか?また、私の通っている歯医者さんでは、ラバーダムを使用していませんが、ラバーダムを使用しないことに対する懸念事項をご教示ください。
一度詰め物をした歯を再度削り神経を抜くこと、根の掃除の際の激痛、何もしないのにおこる歯の痛み 等を考えていると、私の歯の治療は前に進んでいるのか、後ろにさがっているのか判らなくなってきます。

■ RE:この痛みは・・ ときた歯科クリニック MAIL http://www.my-doctor.tv/dr/tokita/index.html [Windows/98] 02/11(水) 22:22 【No.601】
ご心配になられるお気持ちよく分かります.

神経を取り除いた次回の診療で再び内部を処置することは根管治療では当たり前のこととなっております.内部に潜んでいるかも知れない汚れや細菌を完全に取り除くために必要なことだからです.根の先端部(=根尖と言います)とその周りの組織(=歯周組織といいます)との境界スレスレの部分で神経を切り取りますので,歯の内部の神経を取り除いてあっても歯周組織の神経はピンピンしているため,再治療のときに痛みを伴うことも少なくありません.処置後に不快症状がでることも多いです.「おーる6」さんの症状は異常ではありませんのでご心配には及ばないと思います.さらに付け加えるなら,これらの症状は根尖スレスレの部分での処置をしているから,すなわちきっちり治療をしてくれているからこその痛みと理解して下さい.(痛みが出ないように途中までしか治療をしない歯医者が多い中,非常に誠意のある歯医者だと思います)次回の診察時に先生にお話をしてみてはいかがでしょうか?多分納得いく説明が得られると思います.また鎮痛剤なども処方してくれるでしょう.

一方,ラバーダムの件ですが,これをする目的は根管治療の最中に唾液など(=細菌類)が歯の内部に入り込まないようにするために用います.歯の内部を完全に無菌状態にすることを目的とする根管治療において,唾液が内部に入り込むということは,根管治療が失敗に終わる可能性が高くなることを意味します.
とすると「絶対にラバーダムをしなければいけないのか?」ということになりますが,歯医者さんによってやり方,考え方,ポリシーが違いますから「絶対」とは言い切れません.「ときた歯科」から申し上げられることは,ラバーダムを使用した方が「ベター」であるということだけは間違いないと思います.(敢えて「ベスト」だと言わない理由がお知りになりたければ直メールをお送り下さい.お答え致します.)

【前のページへもどる】

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


mbbs.cgi v2.02 by suzukyu 2000.12 (改:mbbs.cgi 2.31a created by ツー 2003.06)