HOME | 歯の基礎知識 | 虫歯の基礎知識 | 色々な治療方法 | 症例集
 

■ 虫歯の基礎知識

◆虫歯の原因
ミュータンス菌等の虫歯菌が歯垢(しこう)と呼ばれる固まりを形成します。

砂糖を餌とする虫歯菌は、グルカンというネバネバした物質をつくり、それを歯の表面に貼り付け、その中で酸を生産し、エナメル質や象牙質をどんどん溶かしていきす。

C1〜C4と進行し、C4になると、ほとんどの場合歯を抜くことになります。
むし歯のビデオ


◆むし歯の進行段階と治療法
歯の表面のエナメル質が溶けはじめる第1段階C1では、歯に黒い着色や白い斑点が発生します。

この段階では痛みはなく、自分で発見することはできませんので、定期検診によって、歯科医師による適切な処置が必要になります。

むし歯の部分を削り、白い合成樹脂(コンポジットレジン)を詰めます。
う蝕(うしょく)が、象牙質にまで進行している第2段階C2では、
冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れます。
さらに進行すると、熱いものまでしみるようになってきます。

麻酔をして、むし歯の部分を削ります。むし歯の範囲が小さい場合は、合成樹脂の詰め物で治りますが、むし歯の範囲が大きい場合は、型を取り、金属やセラミックなどの詰め物をします。
さらに大きい場合は、詰めものではなく被せ物をで処置します。
う蝕が、歯の神経のある歯髄に達する第3段階C3では、
歯髄炎や歯根膜炎を起こし、歯髄内の圧が高くなり、このガスによって
神経が圧迫されてしまい、強い痛みをが現れます。

感染した神経を取り除くC3以降は、痛を伴う治療が多くなりますので、
C1、遅くてもC2の段階で歯科医院で治療することをお勧めします。


基本的な流れは上記C2と同様ですが、C3の場合、感染した神経を取り除いてから消毒を完全に行い、コアと呼ばれる補強材を詰めた後、
被せ物をします。
第4段階C4では、

歯冠部が全て溶けてなくなり、歯根だけになってしまいます。
この段階までくると、痛みはなくなりますが、さらに進行して根尖に膿のかたまりができて、歯ぐきの腫張や痛みがでてくることがあります。

根の治療(根幹治療)と差し歯で対応できる場合もありますが、多くの場合、抜歯となるケースが多くなります。抜歯後は、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの治療方法があります。
 

◆虫歯の予防方法
ブラッシング むし歯、歯周病の予防の基本は毎日の正しいブラッシングによる、プラークコントロールが
一番大事になります。
正しいブラッシング方法は、歯科衛生士に指導を受けることができます。
PMTC 歯科医院による、プロ専用の機械を使用した歯のクリーニングです。定期的にPMTCを受けることで、むし歯や歯周病の予防、そして白く輝く歯を保つことができます。

◎P.M.T.C.(professional mechanical tooth cleaning )は、特別な訓練を受けた予防歯科看護婦、歯科衛生士または歯科医師などの専門家によって行われる、歯肉縁上や歯肉縁下1〜3mmのプラークを、専用器具とフッ素配合研磨用ペーストを使って除去する、さわやかな歯のクリーニングです。
さらに、歯石除去や深部歯肉縁下プラーク除去を含めてPMTCと呼ぶこともあります。
毎日の正しいブラッシングやクロッシングに加えて、定期的にP.M.T.C.を行うことで、むし歯や歯周病の予防(prophylaxis)を徹底することが可能となります。
定期検診 3ヶ月に一度は定期検診を受け、むし歯や歯周病などの予防をしましょう。


HOME | 歯の基礎知識 | 虫歯の基礎知識 | 色々な治療方法 | 症例集
  Copyright(c) 2003〜 My-doctor.TV. All Rights Reserved.